きれい! BS4Kの魅力と視聴方法を徹底解説!

スポンサーリンク
人気記事
スポンサーリンク

さて、今回はBS4Kの魅力や、BS4Kを視聴するための方法を
このブログで書いていきますね。

2018年12月1日からBS4K放送がスタートしました。
我が家も2019年2月に4K衛星放送対応チューナーを購入し
4Kを視聴できるようにしましたが、
一言でいうと、圧倒的映像美

テレビの魅力再発見!って感じです。
テレビ離れという言葉を最近よく聞くようになりましたが、
離れていった人たちを再び呼び戻すといっても過言ではないほどの威力があります。

毎日、今日はどんなきれいな映像をみることができるのだろう?と
わくわくできるようになったんですよね。

ではそんなBS4Kの魅力をみていきます。

tv-1625228_1280

目次
①4Kとは?
②BS4Kの魅力と課題
③最後にBS4Kを視聴するには?

room-2559790_1280

4kとは?

4Kとは、現在のテレビで放送されているフルハイビジョンに比べて
4倍、より鮮明に臨場感のある映像が表現できるんですね。
再現できる色の範囲が大幅に増えて、実際に見える色に近い色を表現可能となる。
また表現できる明るさの範囲が角田市史、映像の色や明るさがなめらかなんですね。
そして1秒に表示できる画面数が約2倍となり、
早い動きもなめらかに表示できるようになります。

4Kと題した番組はNHKやケーブルテレビを中心に多く制作されるようになってきています。
ちなみにテレビ局の機材は当然、4K対応のカメラなどが増えてきています。
僕自身も仕事では、4Kカメラを使った撮影が標準となってきていますね。
余談ですが、4KカメラはピントがHDカメラに比べてかなりシビアです、、。


BS4Kの魅力と課題

home-office-336373_1280

2018年12月1日よりBS4K放送がスタートしました。
主なチャンネルとしては、
・NHK BS4K
・BS朝日4K 
・BSテレ東4K 
・BSフジ4K 
・BSTBS4K

などNHKや民放各局がもつチャンネルです。

そして2019年9月1日からはBS日テレ4Kがスタート。

これまで4Kならではの画質をもった放送が

きちんとできているのはNHK BS4Kのみでしたが

BS日テレ4Kが力を入れて4K放送に取り組んでくれることに期待したいですね。

BS日テレ4KやNHKBS4Kの内容について

では、BS日テレ4Kは、どんな内容なのか?

日テレの公式サイトを見てみると(2019年9月29日現在)、開局記念でももいろクローバーの特番、高橋大輔さんのアイスショーなどを行っていますね。

他には、プロ野球の巨人の試合や

ラグビーのワールドカップなどのスポーツを4Kで生中継や

4Kでニュース番組などがあるようです。 臨場感のあるライブ映像や動きのあるスポ^ツ映像は4K放送の得意とするジャンルですね。

このラインナップをみると他の民放局よりもしっかり取り組んでいる印象があります。

ぜひ継続していってほしいですね。

NHKBS4K に関してはNHKBS4Kの公式サイトを見ると、

4Kという超高画質を生かした番組が豊富にあります。
日本の景色や祭り、世界の国々の風景、美術作品、ミュージカル、音楽と
多くのジャンルをカバーしています。

その他の民放の4Kは残念ながら、本当に4Kなのか?と思えるような画質の番組ばかりで

正直厳しい内容となっています。

おそらくこれは、現在、テレビ業界全体の広告費の減少などで
BS4Kで作る制作費の余裕がないということの現れでしょう。

それに比べてNHKは税金で番組を制作しているので、
番組一つにかけることができる制作費の割合が違うのだと思います。

ただ、4Kを楽しみにしている視聴者としては民放各局にも頑張ってほしいところです。

マイナス面をお伝えしましたが、
それでも、BS4Kを見る価値はあると感じています。

明らかにHDとは違うレベルの世界を見ることができます。

テレビを見るという行為の価値を上げてくれます。

最後にBS4Kを視聴するには?

blank-17768_1280


最後に、BS4Kを視聴するにはですが、BS放送が視聴できる環境であるという
前提でお話しします。

必要なものは、
4Kテレビ・4K対応テレビ・8K対応テレビのいずれかと

新4K8K衛星放送対応STBもしくは
新4K8K衛星放送対応チューナーが必要になります。

補足ですが、
2018年5月以前に4K(対応)テレビ、8K(対応テレビ)を

購入した場合は、新4K8K衛星放送対応STBもしくは
新4K8K衛星放送対応チューナーが必要になります。

2018年6月以降に発売開始となった
新4K8K衛星放送対応チューナー内蔵テレビを持っているなら、
新4K8K衛星放送対応STBもしくは
新4K8K衛星放送対応チューナーは必要なくて大丈夫です。

詳しくはお近くの家電量販店、ケーブルテレビまで
お問い合わせいただければすぐわかると思います。

BS4Kを導入して、僕は良かったと思っています。
最近、同じような番組が増え、テレビへの魅力が減少してきていましたが
圧倒的な映像美を視聴できるというのはこんなにもテレビへの感覚を
変えてくれるものなんだと実感しています。

ぜひBS4Kを視聴してみてください!

人気記事記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RISEOVERBOYをフォローする
スポンサーリンク
地方から消耗しない生き方を提案するブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました