NHKプラスを使ってみた。メリットとデメリットを紹介

スポンサーリンク
ライフスタイルにまつわる記事
スポンサーリンク

今回は2020年4月1日から正式にスタートしたNHKプラスの使用に関するメリットとデメリットを

紹介していきます!NHKプラスは、スマホやPCでNHK総合テレビとEテレの番組をいつでもどこでも好きな時に見ることができるサービスです。

実際にスマホに登録して使ってみた感想を紹介していきますね。

筆者
筆者

NHKプラスの導入のねらいは

若い人にも、もっとNHKをみてもらいたいという事だそうですよ。

出典:NHK

NHKプラスの使い方とメリットについて

出典:NHK

NHKプラスというアプリをダウンロードし、起動すると

サービス概要の表示があり、規約への同意が求められます。

その後、すぐにアプリで番組がスタートします!

IDやメアド登録しなくても視聴することができます。

いきなり番組がスタートするのはテレビ的な感じがありますよね。

ただこの状態だと画面の右下に「受信契約の状況を確認させていただきます」といった

文字スーパーが常に表示されている状態となります。

なので、ID登録することが必要となるわけです。

アプリ内のブラウザから「メールアドレスの入力」「ID・パスワード設定」「受信契約情報の入力」

を済ませると、画面右下を覆っていた文字スーパーが消えます。

入力にかかる時間は約10分ぐらいをみておくとよいかと思います。

使用開始までのハードルは低いのがおわかりかと思います。

そして利用登録から1~5週間後にNHKからハガキが届くので

ハガキに記載されている確認コードを指定の期限日までにWEBで入力して登録完了でしたが

2022年4月1日からハガキに掲載されている確認コードの入力がなくなり、NHK側で放送受信契約を確認できた時点で登録となりました。

なお、登録が完了しましたというハガキは送られてきます。

筆者
筆者

確認コードが書かれたハガキを待つ手間が2022年4月1日からなくなったので嬉しい!登録がスムーズに!

利用方法は下記の画像をみていただくとより理解しやすいと思います。

出典:NHK

NHKプラスよりおすすめなNHKオンデマンドをお得に利用するならUーNEXTが良いですよ。

U−NEXTの月額会費だけでNHKオンデマンドを楽しめるからです!

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ!

NHKプラスのメリット・デメリットまとめ

出典:NHK

NHKプラスのメリットとデメリットをおさらいすると

【メリット】

●どこでもNHKの放送が見れるようになったということ

●常時同時配信をやっているので、スマホやパソコンでリアルタイムで視聴できる。

●ID登録さえすれば、見逃し配信もみれる。放送終了時刻から1週間無料で観れます。

 見逃し配信は、10秒戻し/30秒早送りもできる。

●放送中に番組の冒頭や途中に戻って視聴できる「追いかけ再生」も利用できる。

●映像のクオリティも問題なし、サクサク動く。画質は高・中・低・最低から選べる。

 画質 高では960×540(1.5Mbps),最低は416×232(192kbps)

 ※回線速度によって自動調整される。設定メニューから手動調整も可能。

●音声は2CH(2か国語、解説放送)字幕も配信してくれる。※こちらで設定可能。

●NHKの受信料が新たに追加値上げされるわけではない。(受診者とその家族(同一生計の方)

NHKプラスよりおすすめなNHKオンデマンドをお得に利用するならUーNEXTが良いですよ

【デメリット】

●権利的な問題でネット配信できない番組があるので、すべてのNHKの番組がみれるわけではない。

●日本国内のみの限定サービス。海外からはサービスが利用できない。

●同時配信といっても、30~40秒の遅延がある。

現在使ってみて思ったのは、タイムラグがほぼなくリアルタイムで外でNHKが見れるのは

嬉しい。NHKのコンテンツの豊富さも改めて認識しました。旅番組やドキュメンタリーがとにかく多い!エンタメ、アート、アニメ、ミュージックなどわかりやすく表示されています。

見逃し配信を使えば、ニュースもサクッとみれちゃいますし、これは便利ですね。

詳しくはNHKの公式サイトをご覧ください。

NHKプラスはAppStoreやGooglePlayからダウンロード可能です!

NHKプラスよりおすすめなNHKオンデマンドをお得に利用するならUーNEXTが良いですよ。

U−NEXTの月額会費だけでNHKオンデマンドを楽しめるからです!

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ!

NHKプラスよりNHKオンデマンドのがおすすめ

ここまでNHKプラスもメリットとデメリットについて話してきましたが、

実はNHKオンデマンドという動画配信サービスのが便利なので紹介しておきますね。

NHKオンデマンドは有料サービス(月額990円)ではありますが、

受信契約していない人でも利用でき、

過去に放送した約7000本以上のNHKの番組を見放題なんです!しかも見逃し配信も2週間見れます。

これはNHKプラスよりも長い。しかも画質も良いです。

なので、下記のような人はNHKオンデマンドがおすすめです。

・朝ドラや大河ドラマを一話から一気に見たい。

・綺麗な画質で見たい。

・好きなタイミングで番組を見たい。

・大画面で見たい。

もしNHKオンデマンドに加入を検討されるなら、UーNEXTへの加入が断然おすすめです。

というのはU–NEXTならUーNEXTの月額会費のみでNHKオンデマンドも見れるんです!

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ!

これはなぜかというとNHKオンデマンドに単独加入するよりもお得なんです。

その理由は以下のメリットがあるからです。

①31日間の無料トライアル期間があり、加入と同時に付与されるUーNEXTポイント1000ポイントを利用することで、初月実質無料でNHKオンデマンドを楽しめます。

②無料トライアル期間終了後も、毎月付与されるUーNEXTポイント1200ポイントを使用すれば、なんとUーNEXTの月会費のみでNHKオンデマンドを利用できる!

NHK作品以外の映画、ドラマ、アニメなど業界NO1の見放題作品数22万本以上もの作品が楽しめる!、マンガや雑誌も見放題!

31日間の無料トライアル期間があるので、合わなければサクッと解約すれば良いと思います!

気軽に無料お試し登録できますので、それで判断するのがおすすめです。

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ! U-NEXT
筆者
筆者

実際に使ってみると、NHKプラスより、UーNEXTに入って、NHKオンデマンドを楽しむ方が、NHK以外の作品をたくさん楽しめるのでお得感がありますね!UーNEXTの邦画・洋画・アニメの充実度はネットフリックスやアマゾンプライムよりも上です。マンガや雑誌が見放題なのも嬉しいですね。

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ!

【2022年3月13日追記】

2022年4月1日からは総合テレビ同時配信の24時間化が始まりました!また利用開始手続きの簡略化を実施するとのことです。今までは利用登録を行うのに、NHKから送られてくるハガキが必要でしたが、3月末からは必要なくなりました!NHKプラスの利用申し込みが全てインターネットで行えるようになります。アプリも新しいものが登場する予定だそうです。

【2022年4月1日追記】

2022年4月1日からNHKプラスがAndroidTV、Fire TV、Google Chromecastに対応し、テレビでも視聴できるようになりました。これまではパソコンやスマホ、タブレットのみでしたので、これは嬉しいですね。ただし、テレビ向けのアプリでは、見逃し配信のみの提供で、現在放送中の番組のリアルタイム配信は視聴できないのでご注意ください。

リアルタイムの番組はテレビのチューナーで見てね!ということですね。

NHKプラスよりおすすめなNHKオンデマンドをお得に利用するならUーNEXTが良いですよ。

というのはU–NEXTならUーNEXTの月額会費のみでNHKオンデマンドも見れるんです!

U-NEXTへのお試し登録はこちらからどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました