M-1グランプリ2018のネタが面白かった霜降り明星

スポンサーリンク
人気記事
スポンサーリンク


さて、今回のテーマは年末恒例!となったM-1グランプリです!

2018年12月2日に行われたM-1グランプリ2018

今回の優勝は初決勝進出で今大会最年少コンビの
「霜降り明星」


まず名前がいい。インパクトあるし覚えやすいですね。

お笑い好きの僕は毎年、M-1を欠かさず見ています。

平成最後のM-1グランプリとなった今回の結果は
最終審査をみて、たしかに霜降り明星のコントが
ジャルジャルや和牛よりも一歩抜きんでていた感じがありました。

でもどの組もなかなか見ごたえのある内容でした。

目次

①M-1優勝した霜降り明星とは?
②霜降り明星のネタとお笑いスタイル。
③ダウンタウンの松本さんも。

簡単にプロフィールをみていきます。
よしもとクリエイティブエージェンシー所属のお笑いコンビ。
粗品(ツッコミ担当 立ち位置 右 1993年生まれ)と
せいや(ボケ担当立ち位置 左 1992年生まれ)の2人組からなる。

若い!!! 
粗品は25歳、せいやは26歳。


どちらも大阪出身。

租品という名前には、「つまらないものですが」という
謙遜の意味を持ち続けるという事が込められているそう。


二人とも高校生の頃にはそれぞれ別のコンビでアマチュア芸人として活動。
2010年のハイスクール漫才近畿予選で始まって出会ったんだとか。

2013年にコンビ結成。今年で結成6年目。


②霜降り明星のネタとお笑いスタイル。

ネタやフリトークでは、せいや(ボケ担当)はモノマネをよく繰り出す。
武田鉄矢や坂田利夫、桑田佳祐などがレパートリー。
超天然キャラで、一度見た映像を脳に記憶して映像として残せる能力があるとか。


お笑いスタイルとしては、
畳かける漫才が純粋に面白いし、スピード感がある。
あれはツッコミとボケの波長が合わないと
なかなかできない。

粗品の端的なツッコミもよいですね!


今回のM-1グランプリもとてもリズムよく
畳みかけた内容で優勝した。


また今回優勝した

この二人がすごいのは
今年のR-1グランプリにそれぞれピンで出場し
どちらも決勝まできていること。


そう、それぞれがお笑い界において相当な実力者。

コンビがピンでR-1グランプリに
二人とも決勝に進出するのは
15年ぶりだそう。

結成2年目でいきなりM-1準決勝まで
進んでいる実績もあるところをみると
相当才能もあるのだろうと思います。

後、せいやの動き回ってボケて笑いをとるのをみていると
ナイナイの岡村さんを彷彿とさせるところも。。


子供たちにも人気がでそうです。

③ダウンタウンの松本さんも
12月9日に放送されたワイドナショーで
ツッコミの租品に対し「粗品はすごい、粗品はすごいと思う」と絶賛している。

現在の出演番組は、メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?(毎日放送)
今ちゃんの「実は・・・」(朝日放送)、霜降り明星のだましうち!(ABCラジオ)など
関西方面で主に活躍中!


今後の二人の活躍に注目していきたい。
千鳥のような大ブレイクの予感がする。

いずれは名古屋で一緒に番組できるといいな~。と思うこの頃でした。





人気記事記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RISEOVERBOYをフォローする
スポンサーリンク
地方から消耗しない生き方を提案するブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました