ドローンを飛ばしてみてわかったこと!ドローンはMavic2Proがおすすめ。

スポンサーリンク
ドローンに関する記事
スポンサーリンク

どうも!今回はDJIのドローン、Mavic2Proを所有している私が

このドローンを飛ばしてみて思ったこと、Mavic2Proをおすすめする理由を

書いていきます。

Mavic2Proの魅力、飛ばしてわかった事

Mavic2Proは2018年に世界のドローン市場を牽引しているDJIから登場したドローンでMavicの正式な後継機になります。

折りたたみのできるドローンとして旅先などにも持っていけるコンパクトなドローン。

カメラ機能、飛行機能ともに世界最高峰のマシンと言われています。

大きな特徴は1インチCMOSセンサーを搭載したHasselblad(ハッセルブラッド)社のカメラを採用したこと。センサーサイズがMAVIC PROと比べて約4倍!

色彩の再現度の高さはもちろん、F値2.8ーF11の範囲で絞り値を調整でき、

様々な環境下で撮影が可能に!

障害物回避センサーが前後左右上下の6方向についているので木などの障害物が多い場所でも安心して飛ばせる。

実際にこのMavic2Proを使用して、撮影した映像がこちら!

2つご紹介!どちらもロケ地は三重県志摩市で撮影許可を得て撮影しました。

ドローンで志摩の英虞湾の夕日を撮影してみた。
ドローン初挑戦!DJIMavic2Proを使用

Mavic2Proを初めて飛ばした感想としては、

●映像の質が高く、動きもスムーズ

※ 1インチCMOSセンサーを搭載したHasselblad(ハッセルブラッド)社のカメラが素晴らしい。

●機体はコンパクトだけど風に強い。

●少し練習すればはやい段階で思い通りに動かせる。

という感じです。

そしてこれはMavic2Proに限らずですが、ドローンの良いところは

何よりも鳥の視点で撮影できるということ。 

これはドローンで撮影する最大の強みであり、感動すべきことだと思います。

10年以上、仕事でテレビカメラを使っていますが、実際にドローンをさわってみると

こうも撮る世界、視野が広がるのかと驚きました。

最初は正直あまり興味がありませんでしたが、今ではドローンを飛ばすのがうれしくて

仕方がないですね笑

ドローンを飛ばす上でぜひそろえてほしいもの。

またドローンを飛ばしてみると、必要なものがみえてきました。

必須なのが、

レンズ用フィルター(  DJI Mavic 2 pro用に用に設計されたフィルターキット )

まず、フィルターをつけないと晴天の時では、明るすぎてハレーションを起こします。

空が白飛びしてしまいます。NDフィルターをつかわずにF11以上まで絞ると解像度の低下を

起こしてしまうということもあり、適正な露出を得るためにもフィルターは必須です。

僕が使用しているフィルターはDJI Mavic 2 Pro NDフィルターセット

DJIの正規の商品を使用しています。ND4、ND8、ND16、ND32と明るさに応じて選ぶことができます。お値段は11880円とちょっと高いですが、これがないと、良い映像は撮影できないと思います。

●モニター用フード(DJI Mavic 送信機モニタフード)

快晴の日とかだと、コントローラーがめちゃ見えにくいです。

絶対に必須です。もしくは日をさえぎるためのフードを自作するかです。

【Mavic2Proの嬉しい機能】

ドローンを最初に出発した場所へと戻してくれるRETURN TO HOMEという機能もあるので、そのボタンを押せば、自動で出発した場所まで戻ってきてくれるので、これは初心者にはありがたいですね。

ただ、風があまりに強い日だとRETURN TO HOMEを押しても

戻ってこれない時もあるので気を付けてください。

風が強風な日は飛ばさないにかぎります。

障害物検知機能もありがたいですね。これがあるのは本当に大きい。目で物体をみながら操作はしていますが、例えば、ドローンと木との距離感などはなかなか慣れるまで時間がかかります。

思いきりよく操作をするためにも、全方位に障害物検知機能があるのは強いですね。

とはいえ、これも完璧とはいえないようなので、あまり信じるすぎるも危険です。

Mavic2Proはバッテリー1本で最長31分飛ばせますが、ギリギリまで使用するのは

リスクが高すぎるので、バッテリーの残量が残り30%以下になったら帰還させるべきです。

まとめると、初心者でも安心して飛ばせることができ、プロ並みの撮影もできるドローン

Mavic2Proです。

※初心者の方は最初は障害物がない場所での飛行をおすすめします。(海や川など)

Mavic2ProよりMavic airがおすすめな理由。

最後にMavic2ProがMavic airよりおすすめな理由です。

上記のドローンはMavic Air  

初めてドローンを買う場合、このMavic Air購入しようと

思っていました.

Mavic Airの良さとして、機体がMavic2Proより軽いので持ち運びに便利。

値段がMavic2Pro(189000円)より安い。という点でした。MavicAirは(100400円)

でも僕がMavic2Proを選んだ理由が

  • Hasselblad カメラ
  • 動画の伝送が新開発のOcuSync 2
  • 全方向障害物検知

この3点がMavic Airにはない機能です。カメラはHasselblad カメラの使用で

より高画質はもちろん、色も忠実に再現してくれます。

伝送が強いと、機体を遠くまで飛ばしても映像が途切れないという安心感があります。

3ヶ月使用していますが、映像が途切れた経験はありませんね。

そこはめちゃ信頼しても良いと思います。

風で煽られて撮れなかったということもないし、

そういう点では本当にしっかりしている機体です。

全方位で障害物検知してくれるので機体が不意にぶつかる可能性がかなり下がるのも大きい。投資した金額を考えると(約20万円)、やっぱりこの「全方位障害物検知」の機能はマストな気がします。。

ただMavic Airの値段の手ごろさは初心者にはありがたいですし、基本的な機能は

ドローンの中でもトップクラスです。

僕の場合は、後々を考えた場合、より高性能なMavic2Proを欲しくなりそうな気がしたので、初めからMavic2Proを購入したということです。

今後もこのドローンで大自然の絶景を中心に撮影していきます!

春なら桜、夏なら海や山の夏らしい風景、秋は紅葉、冬は氷瀑や樹氷

日本の四季が持つ絶景を鳥の視点で撮影できる。これってすごいことだと思ってます。

ドローンがある時代に生きる事ができて良かったと思っています。

最後に僕が岐阜県の付知峡で電車が通る瞬間も撮影した動画をご覧ください。

Mavic2Proの映像の安定感やドローンの楽しさをぜひ体感してみてください。

僕のyoutubeチャンネル しゅんマンチャンネルの登録よろしくお願いいたします!

なんと登録者がいまだにゼロ、、、youtube難しさを実感していますが、頑張っていきますので!!

特急「ワイドビューひだ」も通る! 岐阜県 飛水狭

最近はMavic Miniも登場したということで

性能やその魅力について記事にしました!こちらもぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました