2020年3月開館 四国最大級!四国水族館へのアクセス方法など

スポンサーリンク
おすすめ観光地の記事
スポンサーリンク

今回は2020年3月にOPENする四国初の大型の水族館 「四国水族館」。建設予定地は、

四国の玄関口といわれる香川県宇多津町にある、うだつ臨海公園。

四国水族館の紹介とアクセス方法についてみていきます!


四国水族館の魅力は?

四国水族館では、四方を海に囲まれた四国ならではの水中世界をダイナミックに再現しています。また時間帯や季節により変化する空間演出を取り入れた「次世代型水族館」を目指しているそうです。

地上2階の建物で78の水槽に約400種類、1万4千をも超える生き物たちをみれるようですよ。

鳴門のうずしおをイメージした水槽「うずしおの景」や四国の川に生きる鮎の半生を紹介する展示などが設置される模様。

大海原を感じることのできる太平洋大水槽「綿津見の景」では、四国最大となる650トンの水槽で(三重県鳥羽市の鳥羽水族館と同じサイズ)、飼育が困難とされるカツオ類やアカマンボウを観覧する事ができるようです。また直径約4.5メートルの丸窓からアカシュモクザメの群れを見上げる水槽もあります。(上記写真)

そして水族館といえばイルカのライブ!ということで

四国唯一の本格的なイルカライブが開催されるイルカプールも登場。まるで目の前の瀬戸内海と一体化しているかのような海面との高低差を減らしたプールで躍動感あるイルカライブを楽しむことができる予定です。

瀬戸内海に沈んでいく夕日をバックにしておこなわれるイルカのパフォーマンスはぜひみておきたいですね!

他にも、子どもたちの好奇心をくすぐる学習プログラムがあったり、

施設の外ではアシカやペンギンなどの生き物と触れ合えたり、餌やりや魚釣りも

できるそうですよ。もちろん飲食ができるビアガーデンなどの食べ物スペースも

できる予定です。これは一日中楽しめそう!

ちなみに四国水族館のマスコットキャラクターは

シュモクザメをモチーフとしたキャラクター。

愛嬌のある表情が良い感じ。

四国水族館にいけばもちろん会えますよ!

四国水族館へのアクセス方法

四国の玄関口といわれる香川県宇多津町にできる四国水族館へのアクセスですが、

瀬戸大橋からも近くJR宇多津駅が近くにあります。

県内外からアクセスしやすい位置にあるのでありがたいですね。

最新情報はわかり次第、この記事を更新していきますね!

四国水族館の公式サイトもありますので、ぜひご覧ください。

おすすめ観光地の記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RISEOVERBOYをフォローする
スポンサーリンク
地方から消耗しない生き方を提案するブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました