大人気!DJI OSMO POCKETの魅力と使い方紹介

スポンサーリンク
人気記事
スポンサーリンク


さて、今回は2018年12月15日に発売されたOSMO POCKETについて紹介!
これはドローンなどでも有名なDJIから発表された最新のジンバル一体型カメラ

僕自身も一応、テレビ業界にいるので、撮影で使用していますが、

非常にコンパクトで小さいサイズ感を実現していて、

つかいやすいです!

ではその魅力をさっそく紹介していきます!



目次
①OSMO POCKETの魅力をサクっと紹介
②OSMO POCKETの値段は?

①OSMO POCKETの魅力を
サクっと紹介

OSMO POCKETの魅力を簡単に説明すると
①片手で気軽に撮影できる(116グラムと超軽量なため)
②ジンバルを搭載しているからブレない
③夜間の長時間露光撮影が可能(手ブレ補正効果が効いているため)
④スロモーション、タイムラプス、パノラマ撮影など多岐にわたる撮影が可能
⑤4K 60Pに対応

OSMO POCKETでは、スマートフォンをモニターにして
撮影することも可能です。

OSMO POCKETの背部にモニターはついていますが
正直小さくて見づらいのでスマホをモニターにすることをおすすめします。

その場合は専用アプリ「DJI Mimo」をあらかじめインストールする
必要があります。
※ただしアイフォン5は対応していないので注意が必要です。
それ以降の機種からの対応となるようです。

データは、マイクロSDカードで記録することとなります。

実際に僕がOSMO POCKETで撮影した動画がこちら!

岐阜県付知峡の様子を撮影してみました。

岐阜県 付知峡~水の透明度抜群の秘境地~

三脚なしでの安定感は素晴らしいですよ。

画質も良いです。4Kはもちろん、HDでもサクサク撮影できるし、

静止画撮影も画質が良いですよ。

静止画で撮影した画像がこちら!

めちゃキレイなんですよ。一眼レフで撮影したような静止画を撮影できます。


最後に

OSMO POCKETのよさがわかる動画をもう一つ貼っておきますね。



②DJI OSMO POCKETの値段



DJI OSMO POCKETの値段を紹介します!
44900円!(参考:AMAZONより)

これだけ重さが軽く、片手で気軽に4K撮影ができて、
しかもブレないとなればお買い得です。

本当にプロでも使用していますので
おすすめです。個人的には小さくて持ち運びに良いのはありがたいですね。

ドローンも持ちながら行動するという時があり、

OSMO POCKETが小さくてありがたかったですね。

よく比較されるのがGOPROカメラですが、
GOPROに比べると、ちょっと画角は狭いです。
でも超広角で撮影する必要がないのであれば、片手で撮影しやすい
DJIOSMO POCKETが良いのでは?と個人的には思います。

ぜひ気になった方は購入して使用してみてください。

こちらの記事もぜひご覧ください。

DJIのアクションカメラ Osmo Actionについて書きました。

DJI Osmo Actionの魅力、ジンバル、GOPROとの比較など



[ad]











人気記事記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
RISEOVERBOYをフォローする
スポンサーリンク
地方から消耗しない生き方を提案するブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました